土曜文庫(埼玉県川里村)
土曜日に解放されている施設の文庫です。
施主のご夫婦が所蔵されていた数千冊の本を近くの子供たちのために解放されています。
無垢の古材がふんだんに使われていて、本探しの空間になっています。
この建物が完成してすでに20数年が経っています。
ズングリ・ムックリ
少しアンバランスとも思える外観も
遠くからやってくる子供たちの道しるべ
道路側からの眺め
土曜日に解放されるために「どようぶんこ」と
名付けられました。
本読みテラス
野風に吹かれて本を読もう。
子供にあわせて低く、深い軒になっています。
建物の仕組みを見せる
丸太梁、太い柱、小屋材などの素材の存在感で
子供たちの感性を刺激しています。
手摺もブックエンド
階段の手摺も両側に板をぶっつけて本立ての出来上がり。
本が主役の建物なので、「あっちもこっちも」本だらけ。
ひそみの大きなテーブル
一段下がった床と低い天井のひそみの大テーブルは落ち着いた本読みの空間
子供のアイデアで本棚も机に早変わり 本箱に組み込まれた小窓

HOME