むさし子供の家
(東京都瑞穂町 1978年竣工)

「むさし子供の家」は、1階に大小の集会場、2階に図書館の分室を持った木造の建物です。
昼間は、学童保育、老人の憩いの場、図書館、夜は、地域の集会に使われていた建物です。
施設の防火対策、老朽化のために、機能が近くの鉄筋コンクリートの建物に移転されたため
数年前に取り壊しになりました。(写真は取り壊しの前に撮影したものです。)



この建物は、屋根材、ガラス、コンクリート、壁材など使用不可能な部分以外は
すべて廃材(中古材)を使用して造られました。
中央の丸柱は、古電柱をそのまま使用したもので、梁は学校や倉庫の解体から出たものです。



床は、元体躯館の床板です。
30年以上も前に体育館のコートラインであったはずの
緑・黄・白のモザイク模様が
未だにあざやかに残っています。
梁には竣工当時の模型が残っていました。



外観は、何度かの外壁の塗り替えで竣工当時とは変わっていましたが
当時の雰囲気を残していました。



テラスは子供の目線を考えて高さを抑えてあります。



外階段は古土管やブロック、石などを集めてあります。



電柱を梁や柱に使った外テラス





階段は梁を割った板や柱材をつなぎあわせてあります。



解体の記念に壁の装飾に使っていた絵棒でレリーフを製作しました。